Blog

アメリカ合衆国の大麻イベント

2019年4月30日 アメリカでは医療用または娯楽用の大麻が合法化される州が増え、職場でも混乱されていらっしゃる方も多いようです。 そこで今回 日本では見つかれば即刻逮捕されるという違法薬物の大麻、別名マリファナ、英語での俗称はWeed、PotあるいはGrassなど多数。日本では大麻 最新求人情報」「イベント情報」「インタビュー記事」「オフを楽しむヒント」などの記事を通じて、アメリカで働く皆さまを応援していきます! アメリカ合衆国. アメリカ合衆国の州法では医療目的での大麻の使用が認められている州がアラスカ、カリフォルニア、コロラド、ハワイ、メイン、メリーランド、 またニンビンという小さな村では大麻イベントが毎年5月に行われ、世界中から愛好者が訪れます。 アメリカ合衆国. アメリカ合衆国の州法では医療目的での大麻の使用が認められている州がアラスカ、カリフォルニア、コロラド、ハワイ、メイン、メリーランド、 またニンビンという小さな村では大麻イベントが毎年5月に行われ、世界中から愛好者が訪れます。 2018年11月29日 昨今、アメリカで嗜好用大麻の合法化が進んでいる。カリフォルニア州では今年1月から大麻の販売が解禁されており、これに続きマサチューセッツ州でも大麻の販売が解禁。 ノーサンプトンの街で11月、大麻を販売する2店舗がオープン。 やアメリカに関する情報などをお届けします。 アメリカンセンターJAPANはイベント・プログラム情報やアメリカに関する情報などをお届け アメリカの州の中で医療用マリファナの使用が認められている州はどこですか。 2015年現在23州あります。法律は各州 

2014年4月17日 しかし、北米ではそのマリファナを巡ってすごいイベントが行われています. アメリカでは、17州で医療大麻として2州では嗜好品として合法化されている。2012年のアメリカ大統領選に合わせ、嗜好品としての大麻合法化の是非を問う住民 

2019年6月3日 2016年には、「大麻の栽培によって、町おこしができる」として、麻薬成分の少ない産業用大麻草を栽培し、麻畑の見学や栽培体験イベントなどを行っていた会社の社長が、大麻所持で逮捕されました。 同社がつくったオリジナルキャラクター、  2019年9月9日 一方海の向こうアメリカでは合法化の機運が高まっています。 本書は佐久間さん自身がそんなアメリカを目と足で触れ、大麻とはなんなのかを改めて考える一冊となっています。 そして、刊行を記念してB&Bでイベントを開催いたします!

2019年4月18日 アメリカ合衆国のコロラド州でも解禁以来、州外から訪れる観光客が急増しています。 また、このようなイベントでは活動家を呼んでいている事が多く、現在大麻の合法化が遅れている場所で合法化のための努力を進めるために、人々がどの 

はじめに日本では無許可所持に最高懲役5年、営利目的栽培には懲役10年という重い刑罰がつく犯罪の元となる「大麻( 同じくアメリカ・コロラド州では原則として21歳以上の州の住民は1回1オンスの大麻購入が、住民以外は4分の1オンスの購入が合法化  2019年4月18日 アメリカ合衆国のコロラド州でも解禁以来、州外から訪れる観光客が急増しています。 また、このようなイベントでは活動家を呼んでいている事が多く、現在大麻の合法化が遅れている場所で合法化のための努力を進めるために、人々がどの  アメリカ留学中に、マリファナやドラッグに接する機会はあるのでしょうか?この記事では、日本の日常生活ではほぼ触れる機会がないドラッグについて、アメリカではマリファナが合法になっている地域があることなどを情報提供しています。留学先でのマリファナ  2013年4月24日 4月20日は「大麻の日」として、全米各地でマリファナ愛好家たちが“スモーク集会”を開く。中でも特に大規模なのが、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で催される恒例の野外喫煙イベント。この数千人が集まるイベントで長さ120cm、重 

2017年3月6日 アメリカ人が「フェデックスでマリファナを送らない方がいい」と口を揃える理由(そもそも送ること自体がダメなんですが) ※USPS(北米の郵便局、アメリカ合衆国郵便公社) 世界からオファーが止まない超多忙スケジュールの中、“最後の1週間”にてHEAPS(ヒープス)とのイベントに来日を果たしたテックシーンの最注目の創り 

2019年9月9日 一方海の向こうアメリカでは合法化の機運が高まっています。 本書は佐久間さん自身がそんなアメリカを目と足で触れ、大麻とはなんなのかを改めて考える一冊となっています。 そして、刊行を記念してB&Bでイベントを開催いたします! 2019年4月30日 アメリカでは医療用または娯楽用の大麻が合法化される州が増え、職場でも混乱されていらっしゃる方も多いようです。 そこで今回 日本では見つかれば即刻逮捕されるという違法薬物の大麻、別名マリファナ、英語での俗称はWeed、PotあるいはGrassなど多数。日本では大麻 最新求人情報」「イベント情報」「インタビュー記事」「オフを楽しむヒント」などの記事を通じて、アメリカで働く皆さまを応援していきます! アメリカ合衆国. アメリカ合衆国の州法では医療目的での大麻の使用が認められている州がアラスカ、カリフォルニア、コロラド、ハワイ、メイン、メリーランド、 またニンビンという小さな村では大麻イベントが毎年5月に行われ、世界中から愛好者が訪れます。