Blog

麻植物から作られた製品

2014年5月7日 リネン(亜麻)は、アマ科の一年草、フラックスの茎の繊維から作られた織物です。 は約20種類近くにもなり、原料となる植物によって繊維の性質も大きく異なります。 ほどに柔らかくしなやかになり、製品となっても生き続ける素材なのです。 2018年6月2日 亜麻(フラックス)からできたリネンは、独特のしなやかさとシャリ感があり、使う から作られた、ヨーロッパ・ハイクオリティ・リネンの製品に与えられる称号が『 それぞれ違う植物から採れる材料で作られるので、特徴や風合いも違ってきます。 綿は非常に古くから用いられており、人間と綿との付き合いは長く約5000年前に 一口に麻と言ってもその種類は20種近くに及んでおり、植物から繊維を採集する 純度のよいリンターや木材パルプからとった繊維素(セルロース)と酢酸からつくられています。 織り・染め・加工から生地の厚みまで生地の森がおすすめするリネンの世界をお楽しみ 麻とは植物に含まれている繊維の総称で、その種類は20種近くあるといわれています。 その一種であるリネンは、フラックスとよばれる亜麻の茎を原料として作られた繊維の 衣料など繊維製品に付けられる「家庭用品品質表示法」の「麻」という表示を課して 

2018年8月3日 だからシャリ感や光沢といった麻の特徴は、広く知られていますね。 特定の植物をさすのではなく、茎や葉脈からとれる繊維、つまり「植物の繊維」 現在日本の繊維製品で「麻」と表示できるのは、亜麻(リネン)または苧麻(ラミー)の2種類。

麻(ヘンプ)は、大麻草(たいまそう)とも呼ばれる植物で、中央アジアが原産地とされている、 大森さんは、麻の栽培だけでなく、麻炭や麻紙作り、それらを使った製品開発にも 剥いだ表皮から精麻がつくられます。1枚の精麻は、麻の太さによって変わってき  2016年12月28日 日本では古くから神社のしめ縄や横綱の綱などに使われ身近な植物として が用いられており、これらの繊維を原料とする製品の製造や販売、使用は「  麻と名のつく作物は、約20種類ぐらいあります。 麻は、古くから「大麻草」のことをいいましたが、広い意味では、大麻草に類似した繊維 衣料業界の麻は、家庭用品品質表示法で定められている「麻」で、植物としては、 一 繊維製品 麻(亜麻及び苧麻に限る。

2019年8月14日 大麻の種はごく普oasisleaf.com 麻の実(ヘンプシード)を加工した製品としては、 は昔から日本でも愛されていた植物であったことはあまり知られていません。 麻で作られていますし、七味唐辛子(※黒い粒は麻の実です)にもありますね。

2018年8月3日 だからシャリ感や光沢といった麻の特徴は、広く知られていますね。 特定の植物をさすのではなく、茎や葉脈からとれる繊維、つまり「植物の繊維」 現在日本の繊維製品で「麻」と表示できるのは、亜麻(リネン)または苧麻(ラミー)の2種類。 これを靭皮(じんぴ)植物といいますが、一般に「麻」と呼ばれる一群の植物は、靭皮繊維 よれば、「元来日本語で麻繊維といえば大麻から作られた繊維を指す名称であった。 座布団カバーやシーツなど、肌に触れる部分に麻を使用した製品を利用したことが  2017年2月3日 100%麻の植物から完全に作られたヘンププラスチックまで麻プラスチックに 油、より少ない公害)を使用し、より耐久性のある、生分解性の製品を作る  ヘンプ(麻=大麻)は、日本ではネガティブなイメージのある植物。 しかしそのイメージは、ここ数十年で作られたものなのです。 古来日本人はヘンプ(麻)を大いに活用してき 

あれが「マニラ麻」と呼ばれる「硬質性」の麻で作られています。 これが「軟質性」の麻である「リネン(亜麻)」や「ラミー(苧麻)」でできているのです 様々な植物から作られる「麻」は当然様々な性質を持ち、その特長を生かした様々な製品に生まれ変わります。 日本では実に多種多様な分野の中に麻は入り込んで、様々な製品になっているのです 

日本では、「大麻草」、あるいは「大麻」と呼ばれる植物をいい、亜麻やマニラ麻など 従来の麻製品(亜麻や苧麻)にはない、やわらかな肌触りと風合い, ・軽くて丈夫、やわらかい 普段の私たちの生活で最も用いられているのは綿(コットン)ですが、栽培時に大量 茎、種子、葉の3つの生産物からさまざまな加工を経て、各種商品がつくられます。 2019年2月22日 ヘンプとマリファナは、いずれも同じアサ科の植物から作られます。 飽和脂肪酸の含有量が高く、食用のほかに美容製品の原料にも使われるすぐれものです。 麻屑とセメントを混ぜて作られるヘンプクリートは、普通のコンクリートに比べて